学部
HOME > 教育 > 学部紹介 > 歯学部案内

歯学部案内

はてしなき歯科医学の世界へ。自己実現の追求にとどまらず、患者さまと相対する生き方を考える場です。

歯学部長 三浦 廣行 1965年に東北?北海道で最初の私立歯科医育機関として設置認可されて以来、岩手医科大学の建学の精神である「誠の人間の育成」を実践しながら、人を思いやる心や健全な視点を持ち合わせた歯科医師育成に取り組んできました。医学部?薬学部?看護学部を擁する大学の特徴を活かした隣接医学の推進、歯科?口腔領域への薬学的アプローチ、チーム医療?多職種連携教育の推進など医歯薬看統合に基づく幅広い知識や技術の向上が期待されています。
また現在歯学部の改革プロジェクトが進行中であり、日本国内はもとより世界で活躍できる歯科医師の育成を目指しております。(詳細はこちらから

副学長?歯学部長 三浦 廣行
[口腔医学講座 歯科医学教育学分野]

探求への視点と提言

歯科臨床の流れに沿ったカリキュラム

2011年度から、各学年のカリキュラムを見直し、新たな教育システムを導入。ハーバード大学と同様のカリキュラム構成を日本に合わせたのが特徴で、実際の歯科治療に沿った講義や実習を中心に行っています。3?4年次では実際の診療の流れに即した形で、従来の複数の科目を統合した9つの「コース」が編成されています。矢巾キャンパススキルスラボでの基礎実習の傍ら、歯科医療センター外来での見学実習等も行いますし、5年次には学外での介護体験実習?地域医療体験実習等の場も活用して、実践に即した知識と技術を身につけます。

医学?薬学の知見と連携した総合医療教育

さまざまな口腔疾患は、医学や薬学とも深く関わっています。本学では4学部連携により、臨床歯科医学と医学部各科との関連性を学び、多面的な考え方、深く広い知識を修得。医学?薬学の知見と歯学の融合によって、教育?球迷网,球迷网app下载?臨床での成果を高め、更に看護学部を含めた4学部連携によるチーム医療?多職種連携を学ぶことで、歯科の問題に留まらず、“総合的に診る”ことの重要性を基礎から身に付けます。5年次では年間を通じて「医科学」の系統講義や医師が参加した臨床実習を行います。